So-net無料ブログ作成
検索選択

ゲームと色覚異常 [特別支援教育]

image.jpg

このごろ、いろんな無料ゲームが流行っています。
私も子どもに誘われ、手持ち無沙汰な駅のホームなどでよくしています。

これって、色覚異常がある場合、判別できないキャラがたくさんあるでしょうね・・・。

このごろ、学校では色覚検査を行いません。ですから、私の教え子でも、高校3年生になってそれが判明したこともあります。知人のお子さんでも、中学生になってから電子黒板のポインタの緑が見えないのに気が付かれたとか。

どちらのケースも、保護者もご本人もそれまで気が付かないケースでした。

差別に当たるとか言って検査をしないようになったのですが、日常生活の中で困ることもあるので、ある程度わかっておいたほうが良いのではないかな?と思ったりします。このごろは色覚異常でも判別しやすい信号が試験的に作られているそうです。

ゲームをしていて、お子さんが何か困っていたり、変だと気づかれたら、アドバイスしてあげてくださいね!
学校でも困っていることがあるかもしれません。それがわかれば支援の方法もいろいろあります。
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。