So-net無料ブログ作成
検索選択

卒業式 [特別支援教育]

特別支援学校の入学式には、複雑な表情の親子も結構多くおられます。それには、様々な理由が考えられると思います。

障がいが受容できていない保護者、生徒。
受容できていても、支援学校へ入学すると言うことが喜ばしく思えない。
今までの学校でいじめにあっていた。これからはどうだろうと言う不安がある。
校区が広いので、知っている友達が少ないので不安。
初めての場所がとても不安。
これからの学校生活が予想できず、見通しが付かず不安。

そして、特別支援学校で、発達段階に合った授業を受け、丁寧な支援をしてもらい、友達もでき、何年かあとに迎える卒業式。

法定雇用率が上がった今年、企業に就職した生徒が例年に無く多い人数、A型、B型の就労移行支援の作業所に決まった生徒も多数でした。そのあおりで職業訓練校は、とても少ない人数でした。生活介護の作業所に決まった生徒も、何回も体験して一番あうところに決まったので、喜んでいます。

全員の出席で、生徒も保護者も、とても晴れやかな表情で、笑顔で立派に卒業証書を受け取り、卒業していきました。保護者の方も、涙を浮かべて、感謝してくださいました。本当に良い卒業式で、教員も涙涙でした。
大変なことも多いけど、この喜びは何物にも変えがたいです。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る