So-net無料ブログ作成
検索選択

日曜美術館 [芸術]


郷愁 日本の民家―向井潤吉画文集 (アートルピナス)

郷愁 日本の民家―向井潤吉画文集 (アートルピナス)

  • 作者: 向井 潤吉
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1996/12/05
  • メディア: 単行本



向井潤吉の絵画と写真~絵画が語る風景、レンズが見た風景

向井潤吉の絵画と写真~絵画が語る風景、レンズが見た風景

  • 作者: 向井潤吉
  • 出版社/メーカー: 世田谷美術館
  • 発売日: 2002
  • メディア: 大型本


日曜の夜にゆったりとみているテレビ番組、今日は向井順吉でした。
小さいころよく父と一緒に美術館で見たものです。
茅葺屋根、どこか懐かしいような日本の風景、画家自身の思いを込めた描き方がわかり、面白かったです。

学習開発研究演習(美術) [芸術]

後期はもう始まっているのですが、月曜は1回しかなかったので、明日から、夜間大学院の美術の授業が始まります。

自分の昼の仕事の中で、一番行き詰っているのがイラストレーターを指導するなかでの芸術的な指導だったので、それについて何かサジェスチョンがいただければと期待しています。

生徒たちに色々なツールを教えるのはマニュアルどおりでよいのだけど、以下に創造的な使い方をさせるかは、まだまだ難しく、試行錯誤しています。

明日からは初めてマックのパソコンも使うので、色々どきどきしています。

エルグレコ展と油滴天目 [芸術]

今日は朝からエルグレコ展に行ってきました。
まだ行っていない人のために、一番の驚きは伏せておきますが、マグダラのマリア、受胎告知、聖ペテロ、聖パウロ、イエス様の十字架の磔刑、イエス様の復活など、聖書に基づいた絵がとても多かったです。聖書の記述を思い起こしながら見ました。人がとても生き生きと美しく、衣服はざっくりと羽織るように描かれていて、、手や足が長く目に光があり、印象的な絵でした。

少し移動して、中央公会堂付近に。公会堂のレストランでオムライスの昼食。とても待ったのでよりおいしかったかも???
DSC05755.JPG
それから油滴天目をみに東洋陶磁美術館へ・・・。 国宝をはじめとして、すばらしい青磁もたくさんあり、目の保養となりました。良い天気で気持ち良かったです。
さあ、帰ろうと思ったら、いつも乗る駅で電車の車両に机を入れて、奈良県の物産を並べて、売店にしていたので楽しいお土産ができました。初めて見る電車の使い方でした。
DSC05756.JPG
メッセージを送る